PC管理を楽にするPC-LCMまるわかりガイド 「LightCoM」
PC管理を楽にするPC-LCMまるわかりガイド 「LightCoM」

PCリプレイスにあたって人手が足りない

新しいPCは処理速度も早く省電力化も進んでいるため、リプレイスは不可欠です。そんな、作業面、コスト面においても効率的なPCリプレイスについて、作業内容やメリット、費用などについてまとめています。

アウトソーシングできる
PCリプレイス時の作業

  • バックアップ
  • データ移行
  • 周辺機器との接続
  • アプリケーションのインストール
  • メール環境のセットアップ

PCリプレイスは、コストの問題やリスクがあるため全面的に移行するのか一部を移行するのか選択する必要があります。システムの利用状況によって、リプレイス方式も異なりますので、メリットやデメリットを理解して選択するようにしてください。

また、企業におけるPCリプレイスの場合、重要なデータを大量に移行させるため、データの一時保管の方法や場所、手順などのサポートも必要です。人手が足りないなどの理由で、負荷が大きい場合は、外部に作業を委託することを検討するのが良いでしょう。

リプレイス作業を
アウトソーシングするメリット

コストを削減できる

導入に伴う作業負荷の軽減が、アウトソーシングする大きなメリットのひとつです。煩わしい各種作業を行い、PCをすぐに利用可能な状態にしてもらえるアウトソーシング。さらに、専任担当者不足によって遅れていたシステム体制の強化や効率化も図れます。

このように、人手が足りない企業にとって、リプレイス作業のアウトソーシングは、コストの削減につながる便利な手段ではないでしょうか。

人手不足を解消できる

PCリプレイスにあたっても人手が足りない。ただでさえ人手不足に悩む企業にとって、人手不足の解消につながるリプレイス作業のアウトソーシングは、効率の良い手段です。専門家によるリプレイス作業なので、社内に部署を設置する必要もなくなり、コストを削減することが可能。

さらに、業務に合わせたリプレイス作業を選んでくれるので、結果的に業務効率化も進み、人手不足の解消に貢献します。

セキュリティ対策を強化できる

リプレイスは、セキュリティ対策の観点からも効果が期待できます。PCやソフトウェアは、古くなると動作が遅くなったり、不具合がなくても故障するリスクが高まったりします。また、新しいアップデートに対応できなくなることもあり、セキュリティ面が脆弱になりがちです。こうしたリスクを回避するのに役立つリプレイスですが、適切な方法で行うことが重要になります。

そこで、活用したいのがアウトソーシング。サービスを利用することでリプレイスにかかる時間やコストを削減できるだけでなく、セキュリティ対策の強化適切なリプレイスが実現します。

PCリプレイスのタイミング:ライフサイクル最適化

企業におけるPCリプレイスのタイミングは、劣化やOSサポート期間を鑑みて一般的に3~5年が推奨※1されます。ハードウェアの寿命を考慮すると、この期間が適しており、それを超えると故障率の上昇※2が見込まれます。
また、PCの減価償却の「4年」もこの期間に含まれます。PCのライフサイクル管理(LCM)は、購入から廃棄までの一連のプロセスを意味し、コスト削減とセキュリティ強化に寄与します。

業務の性質によってリプレイスの必要性は異なります。経理や営業、図面制作など、各業務で要求されるPCの性能は異なり、特にセキュリティやソフトウェアの互換性が重要視されるケースもあります。PCの性能低下や故障の増加、古いOSの使用はリプレイスを検討すべきサインです。適切なリプレイス計画を立てることで、企業はコストやセキュリティリスクを効果的に管理し、業務効率を向上させることができます。

※1 参照:一般社団法人電子情報技術産業協会|JEITA(https://home.jeita.or.jp/pc_tablet/usage/qa.html)

※2 参照:Backblaze(https://www.backblaze.com/blog/how-long-do-disk-drives-last/)

リプレイスの課題は
PC-LCMサービスで解決

PCリプレイスのメリットなどをご紹介してきましたが、効率的なPCリプレイスを行うには、アウトソーシングがおすすめです。専門業者によるリプレイスなら大量台数のPCにも対応が可能であり、スピーディにリプレイスを行うことができます。

人手が足りないという状況であれば、PC-LCMなどのアウトソーシングもひとつの選択肢として検討する必要があるのではないでしょうか。

PC-LCMサービスの流れと
メリットを見る

PCリプレイスの方法

一括移行方式

メリット

短期間で作業が完了し、ほかの移行方式よりも少ないコストがメリットです。

一括移行方式という名称のとおり全体を一気に移行させる方式で、移行するデータが小さい場合などの選択肢となります。現行のシステムを停止して短時間で作業を行うため移行期間が短く、比較的単純な方法で行われるため、コストを減らすことができます。

デメリット

システムの長時間停止を必要とし、移行に失敗した際の影響範囲が大きくなるのがデメリットです。

一括移行方式は、移行作業の際システムを停止する必要があります。そのため、週末に稼働を停止できたり、移行するデータが小さい場合は適用できますが、24時間365日稼働しているシステムには適していません

段階移行方式

メリット

トラブル発生時の影響範囲を少なくできるのがメリットです。

移行する部分を分割し、その分割された部分ごとに段階的に移行していく方式です。段階的に切り替えていくため、長時間システムを停止する必要がありません。そのため、移行するデータの量が多い場合や長時間停止できないシステム状況に適用される方式で、一括移行方式に比べて失敗時の影響範囲は少ないです。

デメリット

日数とコストがかかるのがデメリットです。

入念な計画を立て段階的に移行する方式です。業務単位など、部分ごとに小さな単位に分けて段階的に少しずつ移行するため、全体の作業量や回数、作業時間も多くなり、一括移行方式に比べるとコストも日数もかかります

並行移行方式

メリット

システムを停止せず移行ができリスクを抑えられるのがメリットです。

並行移行方式は、旧システムと新しいシステムを同時に運用したままで移行作業を行う方式です。旧システムが稼働しているため、万が一新しいシステムにトラブルが発生した場合でも、旧システムに戻すことができるため他の方式よりもリスクを低く抑えることが可能です。

デメリット

作業負担やコストが大きくなるのがデメリットです。

移行作業の期間中は、同時に2つのシステムを運用しなければならないことで、運用する手間だけでなくコストも大きくなります。また、旧システムと新システムを比較検証しながら移行作業を行わなければならないため、複雑な段取りが必要になることも作業負担やコストを増大させる要因になっています。

パイロット方式

メリット

トラブル発生時の影響を最小限にできるのがメリットです。

ほかの移行方式と違い、一部の部門(パイロット部門)だけを先行して移行させる方式です。先行して移行された部門内でだけで充分な検証を行い、安定した運用を確認してから他の部門の移行を開始するため、問題が発生した時の影響を一部の部門内だけに抑えることができます

デメリット

全作業が終わるまでに時間がかかるのがデメリットです。

全部門のシステムを切り替えるのではなく、先ず限定的に一部の部門だけを移行し、その運用状況を確認してから他の部門の移行を開始するため、全部門の移行完了までには長期間かかります。また、一部の部門で問題がなかったとしても、他の部門で成功するとは限りません。

導入したい業界で選ぶ!
「PC-LCM(ライフサイクルマネジメント)サービス3選
複数拠点のPCを一元管理
海外展開する企業への導入

Wave PC Mate
(運営:NTTデータウェーブ)

株式会社NTTデータウェーブ公式サイト
引用元:株式会社NTTデータウェーブ公式サイト
(https://wavepcmate.com/)
サービスの特徴
  • 大規模な組織に有効な ITILベースの運用管理を実現
  • SLA契約の締結
  • PCとソフトウェア情報を契約情報と照合し、 ライセンスを管理
  • ヘルプデスク設置で コール状況のモニタリングや分析し、改善実施
導入業界

不動産業、サービス業、食品メーカーなど

公式HPから
資料請求する

PC-LCMについて
電話で問い合わせる

サービス内容を詳しく見る

金融を支える強固なシステム
銀行や証券会社への導入

Assist Plus
(運営:DRS)

DRS公式サイト
引用元:DRS公式サイト
https://www.drs.co.jp/
サービスの特徴
  • 不正なプログラムを検知して駆除ではなく、 攻撃ブロックで無効化するセキュリティ
  • 環境を考慮した セキュリティ整備への提案が可能
  • 24時間365日のサポート体制
  • 機器の処分では データ消去証明書を発行
導入業界

金融、保険業、医療機関など

公式HPから
資料請求する

PC-LCMについて
電話で問い合わせる

サービス内容を詳しく見る

個々の仕事に合ったPC調達
制作会社への導入

LCM 3.0
(運営:PSC)

PSC公式サイト
引用元:PSC公式サイト
https://perfect-finder.com/
サービスの特徴
  • 社員の 仕事に合った性能、スペックのPCを自身のタイミングで調達
  • サポートデスクはオンライン対応。どこからでも質問可
  • よくある質問はFAQに蓄積するほか、 簡易質問はチャットボットを活用
導入業界

ゲーム制作、アプリ開発、WEB制作などのIT業界

公式HPから
資料請求する

PC-LCMについて
電話で問い合わせる

サービス内容を詳しく見る

選定条件
2023年2月3日時点、Googleにて「PC-LCM」と検索して表示されるサービスを提供する企業で公式ホームページに導入事例を掲載している28社のうち、PCには機密情報が含まれていることが多いため、運用時のセキュリティ対策だけではなく、「返却、破棄の時のデータ消去方法」についてを明記する6つのサービスのなかから特徴的な3社についてご紹介。

※2023年2月3日時点、自社調べ