PC管理を楽にするPC-LCMまるわかりガイド 「LightCoM」
PC管理を楽にするPC-LCMまるわかりガイド 「LightCoM」

キャノンマーケティングジャパン

キヤノン公式HPキャプチャ
※引用元:キャノンマーケティングジャパン公式HP(https://canon.jp/)

キャノンマーケティングジャパンが提供する「PC-LCMサービス」について、特徴・導入事例を調査しました。自社PC管理・運用の負担を軽くするサービス選びにお役立てください。

キャノンマーケティングジャパン
のサービス特徴

LCMサービス

キヤノンでは社内ヘルプデスクとLCMサービスを同じカテゴリーにて提供しています。社内ユーザーからの問い合わせや申請対応、資産管理やアカウント管理といった情報システム部門におけるアウトソーシングサービスに対応。

これまで、数千人規模を誇る大手証券会社からシステム会社、自動車メーカーや独立行政法人、外資系広告代理店から商社、結婚相談所等、幅広いジャンルにおいて実績を有しています。

自己解決型の「基盤」を構築

キヤノンが目指しているのは「自己解決型」です。キヤノンがサポートを行いつつも、やがてはキヤノン抜きで、自社だけで解決できる環境を構築できるノウハウを伝授します。

属人化の防止と自己解決支援、さらには拡張・変化への対応まで視野に入れています。申し込みの前の段階でのオンライン相談を行っていますので、自社にマッチしたシステムなのかを事前に確認できます。

製品とITソリューション

キヤノンといえばプリンターや複合機のメーカーとしての印象が強いことでしょう。確かにそれらの製品事業が中核事業ではありますが、近年はITソリューション事業も展開しており、その一環としてPC-LCMサービスを提供しています。

これまでに培ったIT技術や顧客基盤を武器にした人材力、さらには大手から個人まで多くの相手とのお付き合いの中で把握しているそれぞれのニーズを踏まえたサービスの提供を実践。「暮らし・仕事・社会」を支えることをモットーに掲げている会社です。

キャノンマーケティングジャパン
の導入事例

システムの多様化・複雑化と
属人化対策に追われていた

とあるコーヒー関連事業者では、それまでは社内の問い合わせに内製対応していました。しかし多様化・複雑化が顕著だったことから、属人化が進んでいたためにキヤノンマーケティングジャパンに相談。

非常駐のオフサイトセンターという提案や自己解決型ヘルプデスクにて問題を解決。柔軟に人員を増強できるオフサイトセンターや自己解決型のヘルプデスクがニーズにマッチしたとのことです。

参照:キヤノンマーケティングジャパン公式ホームページ(https://canon.jp/business/case/bpo/doutor)

安定した
IT運用・管理なら
PC-LCMサービスの
利用がおすすめ

働き方の多様化、スマートデバイスの浸透などからIT部門の管理業務が増える昨今。PC調達から機器設定、運用・管理、問い合わせ対応まで一連のライフサイクルをサポートするPC-LCM(ライフサイクルマネジメント)サービスの利用で、安定したIT環境を作りましょう。

当サイトでは、基礎知識から導入時の課題別におすすめのPC-LCMサービス(会社)をまとめているので、ぜひお役立てください。

PC運用・管理を楽にする
おすすめのPC-LCMサービス
3選をチェックする

キャノンマーケティングジャパンの
「PC-LCM(ライフサイクルマネジメント)サービス」の内容

調達・導入

  • PC・モバイルの導入設定・配布
  • 機器ベンダへの調達手続き

運用

  • 履歴管理
  • 集計分析
  • インシデント対応履歴管理
  • 問い合わせ集計
  • 分析
  • 定期運用報告(月次)
  • 改善提案

資産管理

  • アカウント管理
  • ライセンス管理

保守

  • エスカレーション
  • FAQ作成
  • チャットボット運用

廃棄・回収

公式サイトに記載なし

編集チームまとめ

キヤノンマーケティングジャパンでは「自己解決型」のヘルプデスクと同じカテゴリーにてPC-LCMサービスを提供していますので、PCの調達だけではなく、抱えている問題を解決したい場合にも頼れる存在となってくれることでしょう。

また、解決では自己解決型を目指しており、いずれは自分たちだけで解決できる環境をと考えている企業とマッチしています。

キャノンマーケティングジャパン
の企業情報

社名 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
所在地 東京都港区港南2-16-6
営業時間(定休日) 記載なし
電話番号 03-6719-9111
公式HP https://canon.jp/
導入したい業界で選ぶ!
「PC-LCM(ライフサイクルマネジメント)サービス3選
複数拠点のPCを一元管理
海外展開する企業への導入

Wave PC Mate
(運営:NTTデータウェーブ)

株式会社NTTデータウェーブ公式サイト
引用元:株式会社NTTデータウェーブ公式サイト
(https://wavepcmate.com/)
サービスの特徴
  • 大規模な組織に有効な ITILベースの運用管理を実現
  • SLA契約の締結
  • PCとソフトウェア情報を契約情報と照合し、 ライセンスを管理
  • ヘルプデスク設置で コール状況のモニタリングや分析し、改善実施
導入業界

不動産業、サービス業、食品メーカーなど

公式HPから
資料請求する

PC-LCMについて
電話で問い合わせる

サービス内容を詳しく見る

金融を支える強固なシステム
銀行や証券会社への導入

Assist Plus
(運営:DRS)

DRS公式サイト
引用元:DRS公式サイト
https://www.drs.co.jp/
サービスの特徴
  • 不正なプログラムを検知して駆除ではなく、 攻撃ブロックで無効化するセキュリティ
  • 環境を考慮した セキュリティ整備への提案が可能
  • 24時間365日のサポート体制
  • 機器の処分では データ消去証明書を発行
導入業界

金融、保険業、医療機関など

公式HPから
資料請求する

PC-LCMについて
電話で問い合わせる

サービス内容を詳しく見る

個々の仕事に合ったPC調達
制作会社への導入

LCM 3.0
(運営:PSC)

PSC公式サイト
引用元:PSC公式サイト
https://perfect-finder.com/
サービスの特徴
  • 社員の 仕事に合った性能、スペックのPCを自身のタイミングで調達
  • サポートデスクはオンライン対応。どこからでも質問可
  • よくある質問はFAQに蓄積するほか、 簡易質問はチャットボットを活用
導入業界

ゲーム制作、アプリ開発、WEB制作などのIT業界

公式HPから
資料請求する

PC-LCMについて
電話で問い合わせる

サービス内容を詳しく見る

選定条件
2023年2月3日時点、Googleにて「PC-LCM」と検索して表示されるサービスを提供する企業で公式ホームページに導入事例を掲載している28社のうち、PCには機密情報が含まれていることが多いため、運用時のセキュリティ対策だけではなく、「返却、破棄の時のデータ消去方法」についてを明記する6つのサービスのなかから特徴的な3社についてご紹介。

※2023年2月3日時点、自社調べ